空き家問題が深刻

空き家は、年々増え続けているといわれています。昭和の中頃より現在にかけて増加の一途を辿っており、近年に関しては空き家問題として取り沙汰されるようになりました。使われていない家が残り続けるということには、さまざまなリスクが伴うためです。空き家は年々増え続けているわけですから、このリスクもまた高まる一方です。

具体的なデータとしては、直近のデータである平成25年においては空き家数820万戸、空き家率が13.5%となったそうです。5年前と比べると、空き家の数は約63万戸の上昇、空き家率も0.4%増加しています。このままでは、全国あらゆる箇所に空き家が点在している状況になってしまうでしょう。人口も減少傾向にあるだけに、対策は急務に他なりません。

空き家と聞くと、地方で起こっている現象のように思いがちでしょう。確かに地方の人が都会に出てきて過疎化が起こる傾向にあるため、空き家は都会以上に残っていそうな印象です。ですが、実際にはそうでもありません。空き家数に関しては、地方どころかむしろ都市部の方が目立つ傾向にあります。特に多いのは東京都・神奈川県・愛知県・大阪府と、日本三大都市を含む人口の多い都市部ばかりです。つまり、空き家の数は人口の多さに関係しているのです。

そんな状況にあるだけに、空き家問題に対してはいかに対策すべきかが取り沙汰されています。それこそ、不動産業界のみならず、国単位でも動きが見られるほどです。空き家の特徴や増加している原因、そして実際におこなわれている対策について詳しくまとめました。この国が抱える重要な問題の一つ、空き家問題について、あなたも知ってみてください。


▼ 空き家対策に関する参考リンク ▼
実際に行われている対策の1つとしては、空き家の売却があります。不動産査定サイトを使うことで、複数の不動産会社へ一括依頼ができるので、空き家買取を専門とする会社を見つけることもできるでしょう